スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
今日は、すももは学校でした。
今日は吹奏もありました。
吹奏も頑張っているようですが、どうも今の先生が合わないみたいですね…。
自分だけ教えてもらえないって言ってます。
同じパートでも他の子は聞けば教えてもらえるのに、
自分には「後で」とか「自分でやってみて」なんて言われて
相手にしてもらえないんだって。

あまり度が過ぎるようなら,あと子供が望むなら、先生に直談判もアリかな。
ただ、私もこの先生苦手なんで。
去年1年役員やって振り回されたからな。
そうやって振り回されたからこそわかる、多分それはわざとやってる訳ではない。
でも、子供からそんな風に思われるような指導ってどうよ?って思います。
2年生の9月に入部して、そこから半年は、
パーカッションには管楽器とは別に先生が一人ついて
譜面の読めない子供たちに簡単な楽譜の読み方などを教えてくださっていました。
お陰で、かなり難しい譜面も叩くことができ、
とても楽しそうに活動していました。
ところが、三年生になって今の先生になってから、
打楽器は指導の枠から外れ、ずっと立ちっぱなし。
楽譜はいただきますが、譜面の読み方などは一切教えてもらえず
ひどい時は楽譜とは違う楽器を持たされ、
一定のリズムを曲の間ずっと刻み続ける単純作業。
何も教えてもらえないのに、
全体の合奏ではやれ遅れるだの、できてないだの、
何も教えないでよくそんな事言えるな、オイ!って感じ。
その上、やる楽器も一定期間おいて久しぶりに演奏する時などに
突然他の楽器に変えられたりして、突然「このリズムで叩いて」なんて言われ、
完全に混乱してます。よぅやっとるわと思うわ。
一体どういうつもりなんだろう??
なーんも気にしてないんだろうな、多分(-_-;)。

しかし、吹奏楽におけるパーカッションの村八分は
グーグル先生に聞いてみると珍しいことではないようで…。
娘に楽譜持って帰るように言いました。
私が教えよう・・・。
2013/04/30(火) 21:47 娘(吹奏)。 PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。