スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。


製作年・製作国
2010年・日本

aliettie.jpg

( スタッフ )
監督:米林 宏昌
プロデューサー:鈴木 敏夫
企画:宮崎 駿
原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」
脚本:宮崎 駿,丹羽 圭子
美術監督:武重 洋二,吉田昇
音楽:セシル・コルベル
主題歌:セシル・コルベル「Arrietty's Song」

( ストーリー )
心臓の病気を抱え、手術をするために祖母の家で療養することになった翔。
眠れないでいた夜、ベッドの脇で小さな小さな女の子と出会います。
祖母が自分の父親から聞いたという借りぐらしをする小人の話を思い出した翔は、
彼らと友人になりたいと願います。

人間の住む家で“借りぐらし”をしながら生活を営む小人族。
その住処は次第に追われ、昔はこの場所に多くいた仲間たちも、引っ越したり、
人間に見つかったりして、今では一家族だけ,
14歳の少女アリエッティと、その父母だけになっていました。

そう、彼らは“借りぐらし”の身。
人間に見つかってはいけないのです。

そんなある日、アリエッティは、父と共に初めての“借り”に出かけます。
しかし、こともあろうに、人間に見つかってしまったのです。
アリエッティの父は、長い間暮らし慣れたこの場所から引っ越すことを考え始めるのでした。

( 感 想 )
スタジオジブリ作品ですね。
ミニチュアとか、個人的にとても好きなので、
とっっても楽しみに見たのですが、
んーーー、、、、、もうちょっと…何かほしいって感じでしたね。

声は皆さんとても好みでした。
翔は、絵コンテの時から彼を設定していたという神木隆之介くん。
まだまだ小さい頃からジブリ作品ではよくお耳にwwかかります。
12才なんだ、、、、もう少し大きいイメージがしたな。14-16歳くらい。
そして、アリエッティは志田未来さん。
見た目はとてもかわいいけれど、一本芯の通ったアリエッティは、
まさに彼女そのもの,という感じがしました。
その他も、今回も俳優さんを中心に豪華なラインナップ。
映画がそのまま実写になってもいい感じになりそうなメンバーですね。

翔は、その自ら置かれた環境からか、
悪い子ではないんだけど、小人に意地悪な言葉をかけたりもする…
ちょっと底意地が悪いですね。
彼の心情をよく表しているな、と思いました。
あと、彼がある事を小人達のことを思ってするのですが、
これって日本人にはちょっと理解できないかも。
よくハリウッド映画とかで、
魔法のかかった人なんかが調子こいてハメはずしちゃう的な
感じなんじゃないかと思いました。
原作はイギリスのお話なようなので、こういう描写が
原作にあって、そのまま使ってるのかな、、、とか。
いや、原作は読んでないので分からなくて言ってんですが。
あれは、エピソードとしては悪くないと思うので、
もう少し形を変えて入れてほしかったかもしんない。

それからラストなんですが、どうにも中途半端で、
翔の側も、アリエッティの側も、
どちらもが何も結果が出ないで終了してしまいます…。
なんかすっっごいモヤモヤしてしまいました・・・。
題材や声優さんたちはとてもよかったと思うし、
世界観もとても好きだっただけに、とても残念でした。

よく、物をなくす人、いますが、
そういう人のお家には、
仮ぐらしの小人さんたちが住んでるのかもしれませんね。

( 賞 など )
2010年度日本アカデミー賞
アニメーショ賞


( 主な配役 )
アリエッティ … 志田 未来
ホミリー(アリエッティの母) … 大竹 しのぶ
ポッド(アリエッティの父) … 三浦 友和
スピラー … 藤原 竜也
翔 … 神木 隆之介
ハル … 樹木 希林
貞子 … 竹下 景子

( 点 数 )
nakeru.gif泣ける度  1点honobono.gifほのぼの度   6点
serious.gifシリアス度   3点 manaberu.gif学べる度   6点
bukimi.gif不気味度   3点wakaran.gifワカラン度   8点
warau.gif笑える度  4点 sukkiri.gifスッキリ度   0点
dokidoki.gifハラハラ度  4点 hiku.gif引いちゃう度   10点
nemui.gif眠い度   6点
2012/07/11(水) 10:25 Movie Report PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。